電子語学教材開発研究部会

 
活動内容:
2007年11月19日、アメリカで電子ブックリーダーデバイス「Amazon Kindle」が発売されて以来、同国では
電子書籍市場が急速に拡大しています。その影響は日本にも及び、2012年には日本国内でも電子書籍元年と
も言うべき本格的な市場の展開が予想されています。
電子書籍の影響は一般書籍にとどまらず、語学教材にも波及する可能性が高いと言えます。なぜなら、語学
教材、中でも英語教材は、電子辞書やリスニング教材、CALL教材など、すでに電子化と高い親和性を持つこ
とが明白な分野だからです。今後、電子書籍の技術的発展と普及に伴い、語学教材の電子化がますます促進
され、また、新たな機能追加などによりさらなる発展を遂げるであろうことは想像に難くありません。
電子教材は、利便性の高い高機能なメディアであるだけでなく、教員がその一部または全部を自分の手で創
り上げることのできるメディアという側面も併せ持っています。教員自身が教材を自らの手で開発し公開す
るという趨勢は、特に近年、オープンエデュケーションの潮流とともに加速するものと思われます。電子教
材のコンテンツ開発に携わる教員自身が、電子教材で可能となる多様な表現形式とそれを支えるテクノロジ
ーについて正しい理解と幅広い知見を備えていることは、電子教材の質的向上を図る上で重要な要素になる
と考えられます。
本研究部会の目的は、電子教材の中でも特に語学教材の電子化に焦点をあて、その理論や技術、諸外国での
導入事例などの研究を通じて電子教材への理解を深めるとともに、教材開発に際しての実践的な知識を涵養
し、また、その成果をLET全体に還元することにあります。
 

電子語学教材開発研究部会

新規日誌1
1234
2020/03/26new

【オンライン開催】電子語学教材開発研究部会 第32回研究会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster2
電子語学教材開発研究部会 第32回研究会
「ICTで確保する非常時のオンライン語学教育」

※本研究会はオンラインで実施します。全国どこからでも、どなたでも、お気軽にご参加いただけます!

日時: 2020年4月11日(土)16:00~18:00
場所: ZoomまたはGoogle Hangouts Meetを検討しています。具体的なアクセス方法は開催日前に下記の電語研Facebookグループ内で告知いたします。

現在、日本の教育は前例のない大きな試練に直面しています。地球規模で拡大しているウイルス感染のリスクを防ぐため、教師と学生が物理的な空間に集まることが難しい状況です。こうした非常時に教育活動を継続できるよう、世界中の教師がICTを活用したオンライン教育の方法を模索しています。

外国語教育は日本の多くの教育機関で開講している科目であると同時に、人文科学の中でもICTを積極的に活用してきた分野のひとつでもあります。今回の研究会では、このような非常時にICTを活用して外国語の授業をどう実施するのかについて、参加者の皆様とともに具体的なノウハウを共有できればと思います。

1. はじめに(木村修平<立命館大学生命科学部准教授>)
2. オンライン授業を始める前に知っておきたいこと(清原文代<大阪府立大学高等教育推進機構教授>)
3. 質疑応答&情報交換

電語研Facebookグループ:

18:03
2020/03/03

【オンライン中継に変更】電子語学教材開発研究部会 第31回研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster2
コロナウイルス感染防止を鑑み、今週末3月6日(金)開催の電語研研究会は下記の体制で開催させていただきます。

1. 原則として今回の研究会は当日会場からオンライン中継することで開催いたします。豊福先生講演会も中継されます。中継はZOOMかFacebook Liveを検討中です。当日、電語研Slack上(下記)にて告知させていただきます。

2. 会場にお越しいただいても結構です。ご来場時、手洗い・うがいの徹底をお願いいたします。なお、会場は変わらずB棟5F B515/B516となります。A棟は入試業務を行っておりますので立ち入らないようお願いいたします。

3. オフィシャルな懇親会は中止とさせていただきます。

下記リンクより電語研Slackにお入りください。チャンネル「#2020-0306-ict文具論-豊福先生」で当日中継URLを共有させていただきます。


------------------------

電子語学教材開発研究部会 第31回研究会

※本研究会はどなたでもお気軽にご参加いただけます!
※事前申込制を採らせていただきます。定数に達し次第、締め切らせていただきます。

【研究会の概要】
日時: 2020年3月6日(金)午後18:00~19:30
場所: 立命館大学大阪いばらきキャンパス B棟5F B515/B516
内容:「BYOD時代のICT文具論」

日本の教育ICT化は大きな岐路に差しかかっています。文部科学省は、GIGAスクール構想のもと、2024年度までに全国の小中学校で生徒1人に1台の情報端末が行き届くことを目標に掲げ、教育ICT化を強力に推進しています。大学でも、従来型のCALL教室や情報教室は減少しつつあり、学生が個人所有の端末を授業に持ち込むBYOD(Bring Your Own Device)体制採用の傾向が見られます。ICTは紙と鉛筆のような当たり前のツールという比喩がいよいよ全国規模で具体化するこれからの時代を迎えるにあたり、長年「ICT文具論」を提唱してこられた豊福先生に研究の知見を共有していただけることになりました。語学教員はもちろん、教育ICT化に関心をお持ちの方の幅広いご参加を歓迎いたします。

1. BYOD時代の大学英語授業モデル(講師:木村修平 立命館大学生命科学部 准教授)

2. BYOD時代のICT文具論(講師:豊福晋平 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター<GLOCOM>准教授)

3. 質疑応答

4. 懇親会(希望者のみ実費参加:キャンパス内ガーデンテラスライオンにて)

【事前参加申込フォーム】
研究会へのご参加を希望される方は下記フォームより必ず事前申込をお願い申し上げます。定数に達し次第、締め切らせていただきます。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdf9_E9Z0RtXjbRL-8DZylefmrKdUboqhp1KhPqNjqiCdz8Bw/viewform

【その他】
会場内ではeduroamのWi-Fi接続が可能です。

18:37
2020/02/05

FLExICT Expo 2019 (電子語学教材開発研究部会 共催イベント)の開催について

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster2
電子語学教材開発研究部会が共催するイベントを下記の通り開催します。

イベント名:FLExICT Expo 2019 (外国語教育 x ICT)
日時:2020年2月23日(日・祝)9:00〜17:00   [イブニングセッション] 17:30〜19:00
会場:大阪工業大学 OIT梅田タワー 2階セミナー室 201 / 202 / 203

イベントのプログラムはこちらから、発表予稿集はこちらからご覧いただけます。

詳細はイベントWebサイト( https://flexict-expo-2019.jimdofree.com )をご確認ください。


12:05
2019/08/26

電子語学教材開発研究部会 第30回研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster2
※本研究会はどなたでもお気軽にご参加いただけます!
※ノートパソコンやスマートフォン、タブレットなどの端末をご持参いただければ研究会でご紹介する技術を実際に体験していただけます。
※会場ではeduroamによるWi-Fi接続がご利用いただけます。研究会用のWi-Fiもご用意いたします。

日時: 2019年9月28日(土)午後16:00~18:00
場所: 立命館大学大阪いばらきキャンパス B棟5階 B515
内容:「ウェブアプリ・スマホアプリを利用した外国語学習の最前線 ー『コンピュータと言語』の実践事例よりー」

本研究会では、「コンピュータと言語」という授業を行っておられる大阪工業大学の神谷先生を講師にお迎えし、外国語学習に役立つWebアプリやモバイルアプリの最新動向をご紹介いただきます。

神谷先生によるご講演を参考に、参加者の皆さんで実際にアプリを使っていただき、ご自身の授業にどのように役立てられるか、アイデアや意見交換の時間を設けます。

1. BYOD時代の外国語学習:木村修平(立命館大学生命科学部 准教授)

2. ウェブアプリ・スマホアプリを利用した外国語学習の最前線
ー「コンピュータと言語」の実践事例よりー:神谷健一(大阪工業大学 知的財産学部 准教授)

3. ワークショップ&意見交換

4. 懇親会(キャンパス敷地内ガーデンテラスライオン)※先着順
https://r.gnavi.co.jp/c9np41d90000/

【会場キャンパスマップ】
PDF http://www.ritsumei.ac.jp/rs/r2020/campus/oic/common/file/facility/oic_campusmap.pdf

参加ご希望の方は下記Facebookイベントページよりお申し込みください。
https://www.facebook.com/events/496551664248270/

Facebookアカウントをお持ちでない方は電語研部会長の木村まで直接ご連絡ください。
kimuras@fc.ritsumei.ac.jp

12:56 | 連絡事項
2019/07/20

電子語学教材開発研究部会 共催イベントのお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster2
このたび電子語学教材開発研究部会では、2019年8月31日(土)午後に大阪工業大学・梅田キャンパスにて開催される『外国語教員のためのICT無料ワークショップ』(主催:e-Learning教育学会)を共催することになりました。

詳細は https://senseiportal.com/events/52039 をご覧ください。

18:53
2019/04/02

電子語学教材開発研究部会 第29回研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster2
日時:2019年5月25日(土)
場所:立命館大学茨木キャンパス
内容:「Googleテクノロジーを外国語教育にどう活かすかー機械翻訳から人工音声までー」
具体的な内容の詳細につきましては、以下のWEBサイトで随時ご連絡申し上げます。

17:03
2019/01/25

電子語学教材開発研究部会共催イベントについて

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1
電子語学教材開発研究部会共催イベント

FLExICT Expo 2018 ―外国語教育、ICT、Active Learning、Classroom Tipsの融合―


日時:2019年3月24日(日)
   モーニングセッション・アフタヌーンセッション:9:00~17:50
   イブニングセッション:18:15〜20:20
場所: 大阪工業大学梅田キャンパス OIT梅田タワー2階セミナー室(201/203/204)

・参加費は無料です。(イブニングセッションではお食事をご提供いたします。金額は2000円を予定しています。)
・プログラム公開および参加申込の受付開始は2019年2月中旬頃の予定です。

内容:
従来、学問の発展は学会誌によってアーカイブ(蓄積)されて行くことが通例でした。では、外国語の授業実践という領域があるとすれば、それを扱う組織は一体どこでしょうか。残念なことに学会という組織は幼稚園・小学校・中学校・高校の先生方にはかなり敷居が高いものです。このイベントの最大の目的はその敷居を低くして、外国語教育に携わる方々が対等な立場で議論を行うということです。

今日では英語などの外国語教育が小学校にも降りてきています。また、国際化の進展に伴って早期英語教育も話題となることが多くなりました。このような中、これまで外国語教育を行ったことがない幼稚園・小学校の先生方はどのような工夫をされているのでしょうか。また、外国語教育を正規の教科として担当してこられた中学校や高校の先生方はどのような工夫をなされているのでしょうか。ともすれば中学校や高校の先生方の方こそ進んで授業設計や授業運営を行われており、私たちのように大学で外国語を教える教員が学ばせていただかなければならないようなこともあるのではないかと考えます。そしてこのような取り組みについて情報交換を行うことは、本当の意味での幼小中高大連携、あるいはその先にある生涯教育とも連携できる可能性があると言えるのではないでしょうか。

このイベントでは「外国語教育」「ICT」「アクティブ・ラーニング」「クラスルーム・ティップス」の4つのうち、少なくともどれか2つに当てはまるものを全国の方々から広く募集し、その実践事例をアーカイブ(蓄積)するという欲張りな試みにチャレンジしたいと考えております。

幼小中高大や生涯教育など全ての外国語教育関係者のご参加を歓迎いたします。

主催:
神谷健一科研(基盤研究(C) 課題研究番号17K02956)
共催:
大阪工業大学 OIT梅田タワー
大阪工業大学 デジタル教育開発センター デジタル教材開発プロジェクト”Smart Learning Lab"
外国語教育メディア学会関西支部 電子語学教材開発研究部会 
堂浦律子科研(基盤研究(C) 課題研究番号17K02952)
NPO法人 eboard
一般社団法人 センセイワーク
寺尾美登里科研(基盤研究(C) 課題研究番号16K02905)
FF English


11:31
2018/11/27

電子語学教材開発研究部会 第28回研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1

※本研究会はどなたでもお気軽にご参加いただけます!

※ワークショップ用にノートパソコンやスマートフォン、タブレットの端末の持ち込みを歓迎いたします(電源・Wi-Fi完備)。

 

日時: 20181215日(土)午後16:0018:00

場所: 立命館大学大阪いばらきキャンパス B4F 研究会室2

内容:「G Suite for Educationの導入から運用までのノウハウを共有しよう」

 

G Suite for Educationとは、Googleが提供しているグループウェア「G Suite」の教育機関向けバージョンです。GmailやドキュメントなどのGoogle Appsに加え、Google Classroomや課題管理機能などが利用できます。語学教員の中にも個人でGoogleのサービスを活用されておられる方は多いと思いますが、今回の電語研研究会では、部局や機関、学校全体といったより大きな単位で導入されるG Suite for Educationの導入から実際の授業運営にわたる種々のノウハウを共有いたします。

 

G Suite for Educationの詳細:https://edu.google.com/intl/ja_ALL/?modal_active=none

 

1. G Suite for Education導入の経緯と実際〜立命館大学プロジェクト発信型プログラムの事例〜(講師:木村修平立命館大学生命科学部 准教授)

2. G Suite for Educationを用いた授業運営(講師:笹谷康之立命館大学理工学部 教授)

3. ワークショップ:GoogleClassroomを体験しよう(講師: 長澤直子 大阪成蹊短期大学 講師)

4. Google Appsの活用ノウハウ共有(自由討議形式)

5. 懇親会(希望者のみ実費参加:キャンパス内ガーデンテラスライオンにて)

  

Facebookイベントページ:

https://www.facebook.com/events/512952579113210/


10:43
2018/10/02

電子語学教材開発研究部会 第27回研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1

本研究会はどなたでもお気軽にご参加いただけます!

 

日時: 20181117日(土)午後14:0016:00

場所: 立命館大学大阪いばらきキャンパス A1F Room 1

内容:「オープン教育リソースを用いた教育実践:eboardの取り組みに学ぶ」

 

誰でも自由に利用できる教育資源は「オープン教育リソース」(Open EducationResource: OER)と呼ばれており、学習の場が教育機関の内外に広がっている現在、その拡充と活用は国策レベルの課題であると言えます。立命館大学の4学部で実施されているプロジェクト発信型英語プログラムでもOER化を想定した学習リソースの構築に乗り出しました。

 

「学びをあきらめない社会」の実現をミッションに掲げるNPO法人eboardは、2011年の活動開始以降、小〜高校生向けの動画教材を始めとする教育リソースの開発と普及を行ってきました。現在、eboardは公教育機関とも連携し、経済的・地理的事情、不登校などの理由で学習機会が損なわれている子供の教育支援を積極的に進めています。

 

日本国内でのOERを用いた貴重な実践的活動事例として、eboardの活動を知り、実際にその研修会に参加するワークショップ型研究会を、2017年に引き続き開催いたします。

 

1. 立命館大学プロジェクト発信型プログラムのOER構想:木村修平(立命館大学生命科学部 准教授)

 

2. eboardの活動紹介&参加型研修会(講師:中村孝一氏<NPO法人eboard代表>・漁野岬<NPO法人eboard>)

 

Facebookイベントページ:

https://www.facebook.com/events/1434777919986288/


10:58
2018/08/20

電子語学教材開発研究部会第26回研究会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1
電子語学教材開発研究部会第26回研究会のお知らせ

※本研究会はザミレニアルズ京都との共催で行われます。

日時:2018年9月28日(金)午後19:00~20:00
  【講師都合により9/14から変更になりました!】
場所:The Millennials Kyoto 8F ラウンジ
参加費:会場代カンパ1,000円(第2部以降も参加される場合は1,500円)
   参加申込イベントページ:https://www.facebook.com/events/254721965045642/
内容:電子語学教材開発研究部会 第26回研究会「AI✕人間のコラボが生み出す新時代の語学ストラテジー」

テクノロジーとデバイスの進化により、AIやコーパス、機械翻訳、自動生成字幕など様々な言語学習リソースやサービスをオンラインで利用できる時代が到来しつつあります。このような時代に人間の語学教員はどのような役割を果たせるのでしょうか。

今回の研究会では、京大ベンチャーとしてスタートし、語学SNS「Lang-8」やオンライン英語学習サービス「HiNative Trek」を開発・運営する日本発のグローバル企業・株式会社 Lang-8 CEOの喜洋洋氏をゲストにお招きして、こうしたオンライン上の新しい語学アプリ・サービスの最新トレンドや将来性を伺います。

株式会社Lang-8:http://lang-8.jp/

【スケジュール】
第1部:AI✕人間のコラボが生み出す新時代の語学ストラテジー(19:00-20:00:電子語学教材開発研究部会第26回研究会)
 ゲスト:喜洋洋氏(株式会社Lang-8 CEO)
 オーガナイザー:木村修平(立命館大学 生命科学部 准教授)

第2部:日本発グローバルサービスの創出(20:00〜21:00:ザミレニアルズ京都主催)
 ゲスト:喜洋洋氏(株式会社Lang-8 CEO)
 オーガナイザー:平野貴美枝(ザミレニアルズ京都イベント企画運営担当) 

懇親会(21:00〜:研究会会場にて)

【会場マップ】

詳細な情報および参加申込は下記Facebookイベントページよりお願い申し上げます。


21:53
1234