電子語学教材開発研究部会

 
活動内容:
2007年11月19日、アメリカで電子ブックリーダーデバイス「Amazon Kindle」が発売されて以来、同国では
電子書籍市場が急速に拡大しています。その影響は日本にも及び、2012年には日本国内でも電子書籍元年と
も言うべき本格的な市場の展開が予想されています。
電子書籍の影響は一般書籍にとどまらず、語学教材にも波及する可能性が高いと言えます。なぜなら、語学
教材、中でも英語教材は、電子辞書やリスニング教材、CALL教材など、すでに電子化と高い親和性を持つこ
とが明白な分野だからです。今後、電子書籍の技術的発展と普及に伴い、語学教材の電子化がますます促進
され、また、新たな機能追加などによりさらなる発展を遂げるであろうことは想像に難くありません。
電子教材は、利便性の高い高機能なメディアであるだけでなく、教員がその一部または全部を自分の手で創
り上げることのできるメディアという側面も併せ持っています。教員自身が教材を自らの手で開発し公開す
るという趨勢は、特に近年、オープンエデュケーションの潮流とともに加速するものと思われます。電子教
材のコンテンツ開発に携わる教員自身が、電子教材で可能となる多様な表現形式とそれを支えるテクノロジ
ーについて正しい理解と幅広い知見を備えていることは、電子教材の質的向上を図る上で重要な要素になる
と考えられます。
本研究部会の目的は、電子教材の中でも特に語学教材の電子化に焦点をあて、その理論や技術、諸外国での
導入事例などの研究を通じて電子教材への理解を深めるとともに、教材開発に際しての実践的な知識を涵養
し、また、その成果をLET全体に還元することにあります。
 

電子語学教材開発研究部会

新規日誌1
123
2018/10/02

電子語学教材開発研究部会 第27回研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1

本研究会はどなたでもお気軽にご参加いただけます!

 

日時: 20181117日(土)午後14:0016:00

場所: 立命館大学大阪いばらきキャンパス A1F Room 1

内容:「オープン教育リソースを用いた教育実践:eboardの取り組みに学ぶ」

 

誰でも自由に利用できる教育資源は「オープン教育リソース」(Open EducationResource: OER)と呼ばれており、学習の場が教育機関の内外に広がっている現在、その拡充と活用は国策レベルの課題であると言えます。立命館大学の4学部で実施されているプロジェクト発信型英語プログラムでもOER化を想定した学習リソースの構築に乗り出しました。

 

「学びをあきらめない社会」の実現をミッションに掲げるNPO法人eboardは、2011年の活動開始以降、小〜高校生向けの動画教材を始めとする教育リソースの開発と普及を行ってきました。現在、eboardは公教育機関とも連携し、経済的・地理的事情、不登校などの理由で学習機会が損なわれている子供の教育支援を積極的に進めています。

 

日本国内でのOERを用いた貴重な実践的活動事例として、eboardの活動を知り、実際にその研修会に参加するワークショップ型研究会を、2017年に引き続き開催いたします。

 

1. 立命館大学プロジェクト発信型プログラムのOER構想:木村修平(立命館大学生命科学部 准教授)

 

2. eboardの活動紹介&参加型研修会(講師:中村孝一氏<NPO法人eboard代表>・漁野岬<NPO法人eboard>)

 

Facebookイベントページ:

https://www.facebook.com/events/1434777919986288/


10:58
2018/08/20

電子語学教材開発研究部会第26回研究会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1
電子語学教材開発研究部会第26回研究会のお知らせ

※本研究会はザミレニアルズ京都との共催で行われます。

日時:2018年9月28日(金)午後19:00~20:00
  【講師都合により9/14から変更になりました!】
場所:The Millennials Kyoto 8F ラウンジ
参加費:会場代カンパ1,000円(第2部以降も参加される場合は1,500円)
   参加申込イベントページ:https://www.facebook.com/events/254721965045642/
内容:電子語学教材開発研究部会 第26回研究会「AI✕人間のコラボが生み出す新時代の語学ストラテジー」

テクノロジーとデバイスの進化により、AIやコーパス、機械翻訳、自動生成字幕など様々な言語学習リソースやサービスをオンラインで利用できる時代が到来しつつあります。このような時代に人間の語学教員はどのような役割を果たせるのでしょうか。

今回の研究会では、京大ベンチャーとしてスタートし、語学SNS「Lang-8」やオンライン英語学習サービス「HiNative Trek」を開発・運営する日本発のグローバル企業・株式会社 Lang-8 CEOの喜洋洋氏をゲストにお招きして、こうしたオンライン上の新しい語学アプリ・サービスの最新トレンドや将来性を伺います。

株式会社Lang-8:http://lang-8.jp/

【スケジュール】
第1部:AI✕人間のコラボが生み出す新時代の語学ストラテジー(19:00-20:00:電子語学教材開発研究部会第26回研究会)
 ゲスト:喜洋洋氏(株式会社Lang-8 CEO)
 オーガナイザー:木村修平(立命館大学 生命科学部 准教授)

第2部:日本発グローバルサービスの創出(20:00〜21:00:ザミレニアルズ京都主催)
 ゲスト:喜洋洋氏(株式会社Lang-8 CEO)
 オーガナイザー:平野貴美枝(ザミレニアルズ京都イベント企画運営担当) 

懇親会(21:00〜:研究会会場にて)

【会場マップ】

詳細な情報および参加申込は下記Facebookイベントページよりお願い申し上げます。


21:53
2018/01/31

電子語学教材開発研究部会 第24回研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster
※ 本研究会はどなたでもお気軽にご参加いただけます!
※ 会場はWi-Fiを準備しております。

・日時: 2018年3月3日(土)午後16:00~18:00

・場所: 立命館大学大阪いばらきキャンパス A棟1F Room 1

・内容:「バーチャルリアリティ(VR)がもたらす新しい学び」

モバイル端末の急速な進化により、バーチャルリアリティ(VR)という用語が急速に身近なものになっています。VRは様々な産業での活用が期待されており、教育も例外ではありません。今回の研究会では、VR技術が教育にどのような変化をもたらそうとしているのかを、講演とワークショップを通じて学びます。

1. 現実味を帯びるVR技術(講師:木村修平<立命館大学生命科学部 准教授>)

2. バーチャルリアリティ(VR)がもたらす新しい学び(講師:矢野浩二朗氏<大阪工業大学情報科学部 准教授>)

3. 懇親会(18:00〜:キャンパス内ガーデンテラスライオンを予定)

懇親会ご参加をご希望の方は事前に本イベントページへのコメントまたは木村までメールでお知らせください。

Facebookイベントページ:
木村メールアドレス:kimuras@fc.ritsumei.ac.jp

19:54
2017/11/14

電子語学教材開発研究部会 第23回研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster
電子語学教材開発研究部会 第23回研究会

※本研究会はどなたでもお気軽にご参加いただけます!

・日時: 2017年12月2日(土)午後16:00~18:00

・場所: 立命館大学大阪いばらきキャンパス A棟1F Room 1

・内容:「オープン教育リソースをどう活用するか:eboardの実践に学ぶ」

誰でも自由に利用できる教育資源は「オープン教育リソース」(Open Education Resource: OER)と呼ばれており、学習の場が教育機関の内外に広がっている現在、その拡充と活用は国策レベルの課題であると言えます。

「学びをあきらめない社会」の実現をミッションに掲げるNPO法人eboardは、2011年の活動開始以降、小〜高校生向けの動画教材を始めとする教育リソースの開発と普及を行ってきました。現在、eboardは公教育機関とも連携し、経済的・地理的事情、不登校などの理由で学習機会が損なわれている子供の教育支援を積極的に進めています。

日本国内でのOERを用いた貴重な実践的活動事例として、eboardの活動を知り、実際にその研修会に参加するワークショップ型研究会を開催いたします。

1. OERの世界的な広がりを教育実践にどう活かすか:木村修平<立命館大学生命科学部 准教授>)

2. eboardの活動紹介&参加型研修会(講師:中村孝一氏<NPO法人eboard代表>・漁野岬<NPO法人eboard>)

18:00〜:懇親会(会場近くで予定)

Facebookイベントページ:
木村メールアドレス:kimuras@fc.ritsumei.ac.jp

07:55
2017/09/27

電子語学教材開発研究部会 ワークショップ

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster
電子語学教材開発研究部会 ワークショップ
@外国語教育メディア学会(LET)関西支部 2017 年度秋季研究大会

・日時: 2017年10月14日(土)午前10:20~12:00

・場所:  流通科学大学 6204教室

・内容:「今度こそキチンと学ぶ!構造化電子文書作成入門(Word からMarkdown、EPUB まで)」

・参加申し込み:
LET 会員は無料です。非会員の方は当日会費 2,000 円(大学院生は、学生証を提示していただくと 1,000 円)を受付でお支払いください。また、学部生は無料でご参加いただけます。なお、支部大会当日にご入会いただくことも可能ですので、支部事務局(受付)までお申し出ください。

本ワークショップでは、再利用性の高い電子文書の基本的な作成方法とそのメリットを取り上げます。人間だけではなく機械にも扱いやすい電子文書の作成ノウハウは、残念ながら日本では十分に広まっていないと思われます。大学事務でもしばしば見かけられる、表計算ソフトで作られた生産性の低い文書が流通する「奇習」を終わらせるためにも、文書作成用のソフトやサービスの持つ構造化技術の使い方と意義を学んでいただければと存じます。 

<講師>
木村 修平 先生: 立命館大学生命科学部生命情報学科准教授。専門分野は英語教育への ICT(情報通信機器)の利活用。2012 年度に LET 関西で電子語学教材開発研究部会を起ち上げ、以降部会長を務める。Twitter アカウントは @syuhei 。
清原 文代 先生: 大阪府立大学高等教育推進機構教授。専門分野は日本語母語話者のための ICT を活用した中国語教材の開発。2016〜2017 年度、中国語教育学会会長。

12:18
2017/04/29

電子語学教材開発研究部会 第22回研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster
電子語学教材開発研究部会 第22回研究会

※本研究会はどなたでもお気軽にご参加いただけます!
※ノートパソコンを持ち込み、Googleアカウント、Dropboxアカウントをご用意いただけますとワークショップ形式でご参加いただけます。
※会場はWi-Fiを準備しております。

・日時:
 2017年6月17日(土)午後16:00~18:00

・場所:
 立命館大学大阪いばらきキャンパス A棟1F Room 1

・内容:
 「教材も書類もバージョン管理の時代!基礎からGitHubまで」

教員は多くのドキュメントを作成する仕事です。教材はもちろん、シラバスや企画書、報告書…。こうしたドキュメントの変更履歴を、更新情報をきちんと記録して保存することで業務の効率化が期待できます。今回の研究会では、ファイルの履歴管理の基礎からクラウドストレージでの活用事例、そしてエンジニアの世界で標準的なバージョン管理サービスとなっているGitHubの基本的な使い方を学びます。

1. ドキュメントのバージョン管理はなぜ重要か?:木村修平<立命館大学生命科学部 准教授>)

2. ファイルのバージョン管理超入門講座(講師:田中裕也氏<フリーランスエンジニア>)

18:00〜:懇親会(ガーデンテラスライオン 立命館いばらきフューチャープラザ店)
ご参加をご希望の方は事前にFacebookの下記イベントページへのコメントまたは木村までメールでお知らせください。

Facebookイベントページ:
木村メールアドレス:kimuras@fc.ritsumei.ac.jp

16:15
2017/02/28

電子語学教材開発研究部会 第21回研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster
※本研究会はどなたでもお気軽にご参加いただけます!
※Slack https://slack.com/ をインストールしたノートパソコン、スマートフォン、タブレットをお持ちいただくとスムーズにワークショップにご参加いただけます。
※講師の話を聞くだけのご参加も歓迎いたします!

・日時:
  2017年3月25日(土)午後16:00~18:00

・場所:
  立命館大学大阪いばらきキャンパス A棟1F Room 1

・内容:
 「メッセージングアプリが変えるコラボレーションのかたち:Slack超入門」

近年、メールに代わる新たなコラボレーションツールとして注目を集めているのがLINEやFacebookメッセンジャーのようなメッセージングアプリです。今回の研究会では、その中でもエンジニアから高い支持を集めるSlackを取り上げます。基本的な使い方から他ユーザとの便利なコラボレーション機能までチームで働くことの多い語学教員にSlackがどう役立つかを現役エンジニアが具体的に解説します。

1. メッセージングアプリ戦国時代を概観する(講師:木村修平<立命館大学生命科学部 准教授>)

2. Slack超入門講座(講師:田中裕也氏<株式会社コードタクト>)

18:00〜:懇親会(ガーデンテラスライオン 立命館いばらきフューチャープラザ店)
ご参加をご希望の方は事前にFacebookの下記イベントページへのコメントまたは木村までメールでお知らせください。

Facebookイベントページ:
木村メールアドレス:kimuras@fc.ritsumei.ac.jp

※本研究会は、平成26年度 科研費 基盤研究(C) (26370680)「外国語授業支援のためのアプリ・ソフト類のアーカイブ作成および教具・ツール類の開発」の助成を受けて開催いたします。
 
06:29
2017/01/18

電子語学教材開発研究部会 第20回研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster
※本研究会はどなたでもお気軽にご参加いただけます!
KeynoteがインストールされたMacまたはiPadをご持参ください。
※講座を聴くだけでよいという方は何も持たずにお越し下さい。

・日時:
 2017年2月19日(日)午後16:00~18:00

・場所:
 立命館大学大阪いばらきキャンパス A棟1F Room 1

・内容:
 「教材にデザインを:基礎から学ぶKeynote」

Apple社のスライド作成アプリ「Keynote」は高いデザイン性と自由度により多くの愛用ユーザを有していますしかしながら普段Microsoft社のPowerPointを使っている方にはとっつきにくい点があるのも事実です。この研究会では、Keynoteの基本的な使い方を学び、デザイン性を備えたスライドや教材の作成ができるようになることを目指します。

1. 教材にデザインが求められる時代:木村修平<立命館大学生命科学部 准教授>)

2. Keynote活用講座(講師:家長大輔氏<一般社団法人リコネクトテレビジョン>)

18:00〜:懇親会(ガーデンテラスライオン 立命館いばらきフューチャープラザ店)
ご参加をご希望の方は事前にFacebookの下記イベントページへのコメントまたは木村までメールでお知らせください。

Facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/313975562331117/
木村メールアドレス:kimuras@fc.ritsumei.ac.jp

21:02
2016/08/18

電子語学教材開発研究部会 第19回研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster
・日時:
 2016年11月5日(土) 16:00~18:00
 
・場所:
 立命館大学大阪いばらきキャンパス A棟1F Room 1
 
・内容:
「SNS/スマホで学ぶ外国語学習の最前線」
 ※ 本研究会はどなたでもお気軽にご参加いただけます!
 
株式会社Lang-8代表取締役・喜洋洋氏をお迎えして、同社が提供する外国語学習SNS「Lang-8」、スマホを用いた英語学習サービス「HiNative」「HiNative Trek」を中心に、SNS/スマホを用いた外国語学習の最先端をご紹介します。
 

株式会社Lang-8は2007年に喜氏が京都大学在学中に創業。異なる母語を持つ外国語学習者同士が互いに添削を行う相互添削型SNSとして国内外に多くのユーザーを有しています。2014年に一問一答型の姉妹サービス「HiNative」を公開し、80万件以上の質問、280万件以上の回答が寄せられています。2016年にはIT業界のビジネスパーソンや起業家をターゲットとした「HiNative Trek」を公開し、話題を集めています。

1. SNSとスマホは外国語学習をどう変えたか(講師:木村修平<立命館大学生命科学部 准教授>)

2. Lang-8の描く外国語学習の未来形(講師:喜洋洋氏<株式会社Lang-8代表取締役>)

18:00〜:懇親会(ガーデンテラスライオン 立命館いばらきフューチャープラザ店)※ご参加をご希望の方は事前にFacebookの下記イベントページへのコメントまたは木村までメールでお知らせください。


09:42
2016/06/25

電子語学教材開発研究部会 第18回研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster
・日時:
 2016年7月23日(土) 16:00~18:00
 
・場所:
 立命館大学大阪いばらきキャンパス A棟1F Room 1
 
・内容:
「ICTxライティング指導の最前線! Turnitin実践事例に学ぶ」
 ※ 本研究会はどなたでもお気軽にご参加いただけます!
 
Turnitin(ターンイットイン)は、Turnitin社(カリフォルニア州オークランド)が開発・提供している剽窃検知システム&ライティング指導の統合的なwebサービス環境です。膨大な独自データベースと照合して剽窃チェックができるほか、ユーザー同士の相互添削機能も備えており、これまで欧米の多くの大学で導入されてきました。 
近年では日本でも導入事例が増えてきましたので、日本販売代理店のiGroup Japanの渡辺氏、そして実際にTurnitinでライティング指導を行っておられる関西大学の山本先生をお招きして、お話を伺えればと思います。

 1. ライティングに活かせるICTサービスあれこれ:木村修平<立命館大学生命科学部 准教授>)
 2. Turnitinとは?(講師:渡邉正樹氏<iGroup (Asia Pacific) Limited Japan>)
 3. Turnitinを用いた実践事例(講師:山本敏幸氏<関西大学教育推進部 教授>)
 4. 懇親会(ガーデンテラスライオン 立命館いばらきフューチャープラザ店)
 ※ご参加をご希望の方は事前にFacebookの下記イベントページへのコメントまたは木村までメールでお知らせください。
 https://www.facebook.com/events/117082512053904/


22:23
123