基礎理論研究部会

 
活動内容:

テクニーク、メソッド、アプローチという外国語教育に関わる3分野のうち、最も基礎的なアプローチの部分を、心理言語学や認知科学などの関連諸領域を踏まえ、学問的・実証的にとらえていこうとするのが一貫した目標です。1994年12月に本格的活動を再開して以来、2ケ月に1~2回の割合で、文献の輪読および研究発表を中心とした例会を開催してまいりました。最近では、「第二言語メンタルレキシコン」といった共同研究プロジェクトを推進し、国内外の学会やジャーナルに発表するなどの成果をおさめています。
 
基礎理論研究部会
12345
2021/08/05

第 11 次 基礎理論研究部会 第 12 回 9月研究例会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1
For information in English, please click on the linkbelow: https://let-kansai-fmt-sig.blogspot.jp

日時:2021 9 19日(日)例会:13:30-16:30
*プロジェクトメンバーの方は、10:30までにご参集下さい。
*時間厳守でお願い致します。

内容:

1.研究発表1
  「英語学習者のライティングにおけるフォーミュラの親密度と頻度の関係」
    
担当:松田 紀子 先生・林 美登利 先生・西 美都子 先生 (近畿大学)
   
2.研究発表2
  「ラッシュモデルを用いた フレーズ語彙サイズテストの検証」
    
担当:松尾 徹 先生 (大阪女学院大学)

会場:Zoom利用によるオンライン開催の予定です。

下記「参加希望フォーム」にご回答いただいた方に、メールでアクセス方法をお送りいたします。
フォームへのご回答は例会開催の前日918日(土)のPM5:00までにお願いできますと幸いです。

ご回答いただきました情報に基づいて、前日中にZoomミーティングルームへのリンクをお送りさせていただきます。

また、もし上記の締め切りを過ぎてご回答いただいた場合でも、追ってZoomミーティングルームへのリンクをお送りさせていただきますが、すぐに対応ができない場合もございますのでご了承ください。

参加希望フォーム:https://forms.gle/dNjt5fu1F1oHENNA7

詳細は、以下のサイトをご覧ください。

http://www.let-kansai.org/htdocs/?page_id=74

例会案内20210919.pdf
10:55
2021/06/05

第 11 次 基礎理論研究部会 第 11 回 7月例会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1
Forinformation in English, please click on the link below: https://let-kansai-fmt-sig.blogspot.jp

日時:2021 7 18日(日)例会:13:30-16:30
*プロジェクトメンバーの方は、10:30までにご参集下さい。
*時間厳守でお願い致します。

内容:

1.研究発表
   
「意味再生形式を活用したフォーミュラ知識調査の試み:親密度順位が頻度順位より高い項目に着目して」
   担当:森下美和 先生(神戸学院大学)・金澤 佑 先生(関西学院大学))


2.研究発表
  「オンライン英語学習教材を使った自律学習に関するアンケート調査」
  担当:多田さおり先生(追手門学院大学)・板垣静香 先生(関西学院大学)・森下美和 先生(神戸学院大学)

会場:Zoom利用によるオンライン開催の予定です。

下記「参加希望フォーム」にご回答いただいた方に、メールでアクセス方法をお送りいたします。
参加希望フォーム:https://forms.gle/Qkz2XbQarVGGDPDu6

例会案内20210718.pdf
11:47
2021/04/25

■第 11 次 基礎理論研究部会 第 10 回 国際研究例会(Vocabulary Day)

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1
■第 11 次 基礎理論研究部会 第 10 回 国際研究例会(Vocabulary Day)
(For information in English, please click on the link below: https://let-kansai-fmt-sig.blogspot.jp

日時:2021年 5月 22日(土)例会:13:30-16:30
*プロジェクトメンバーの方は、10:30までにご参集下さい。
*時間厳守でお願い致します。

内容:
語彙習得の分野で著名なStuart McLean先生をお招きし、語彙知識測定についての研究発表+ワークショップを開催します。

Speaker:
Stuart McLean 先生 (桃山学院大学)

1. Research Presentation
What research tells us about the validity of the inferences from vocabulary levels and vocabulary size tests. (Part 1)  
-TOPIC 1: Vocabulary levels test and Vocabulary size tests, their different purposes, and different score interpretations
-TOPIC 2: McLean, S. (2021). The coverage comprehension model, its importance to pedagogy and research, and threats to the validity with which it is operationalized. Reading in a Foreign Language, 33(1), 126-140. https://nflrc.hawaii.edu/rfl/item/528 OPEN ACCESS 
-TOPIC 3: Word counting units (WCU): Japanese university students’ knowledge of derivational forms
     
2. Research Presentation + Workshop
What research tells us about the validity of the inferences from vocabulary levels and vocabulary size tests (Part 2), and how to better measure vocabulary knowledge
-TOPIC 4: Question types: Meaning-recall questions better capture the type of vocabulary necessary for reading 
-TOPIC 5: Sampling ratios: How many items do we need to accurately represent a 1,000-word band
-TOPIC 6: Workshop: Using self-marking online meaning-recall (reading and listening) and form-recall vocabulary tests to (a) match learners with appropriate materials, (b) gain data for research, and (c) motivate students to study vocabulary each week

会場:Zoom利用によるオンライン開催の予定です。

下記「参加希望フォーム」にご回答いただいた方に、メールでアクセス方法をお送りいたします。
参加希望フォーム:https://forms.gle/7PVnuqGBxoHd3h43A

発表内容詳細などについては次のウェブページをご参照ください。


(備考)
■ 第 11 次 基礎理論研究部会 第9回 特別研究例会(プロジェクトメンバーのみ)
◆日程: 2021年 4月 4日(日)
◆内容: プロジェクトミーティング


10:19
2021/02/04

第 11 次 基礎理論研究部会 第 8 回 国際研究例会(スイス・デー)

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster2
■第 11 次 基礎理論研究部会 第 8 回 国際研究例会(スイス・デー)

(For information in English, please click on the link below: https://let-kansai-fmt-sig.blogspot.jp)

日時:2021年 3月6日(土)例会:15:30-18:30
*時差の都合上、普段の例会と開催時間が異なっておりますため、ご注意ください。
*プロジェクトメンバーの方は、10:30までにご参集下さい。
*時間厳守でお願い致します。

内容:
ベルン大学(スイス)より若手研究者を招待しての開催となります。

Presentation 1
The big business of creativity: A frame analysis of social media influencers’ bricolage in advertising discourse.    
  by Olivia Droz-dit-Busset (Bern University, Switzerland)

Presentation 2
The rhetorics of creativity in professional language work: The case of UX writers.
  by Lara Portmann (Bern University, Switzerland)

会場:Zoom利用によるオンライン開催の予定です。

下記「参加希望フォーム」にご回答いただいた方に、メールでアクセス方法をお送りいたします。
参加希望フォーム:https://forms.gle/nZ8yQKP6oDd83g8r9

発表内容詳細などについては次のウェブページをご参照ください。

・資料:例会案内20210306.pdf
16:18
2021/01/05

第 11 次 基礎理論研究部会 第 7 回 研究例会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster2
■第 11 次 基礎理論研究部会 第 7 回 研究例会

(For information in English, please click on the link below: https://let-kansai-fmt-sig.blogspot.jp

日時:2021年 1月24日(日)例会:13:30-16:30
*プロジェクトメンバーの方は、10:30までにご参集下さい。
*時間厳守でお願い致します。

内容:
1.輪読
Kachlicka, M., Saito, K., & Tierney, A. (2019). Successful second language learning is tied to robust domain-general auditory processing and stable neural representation of sound. Brain and Language, 192, 15-24.
  担当:杉浦 香織 先生(立命館大学) 

2.研究発表
大学入試における英語民間試験活用決定から中止までのプロセスの考察(The reasons for postponing English Standardized Tests at Japanese University Entrance Examinations)」
  担当:黒川 智史 先生 (東京大学大学院) 
   
会場:Zoom利用によるオンライン開催の予定です。

下記「参加希望フォーム」にご回答いただいた方に、メールでアクセス方法をお送りいたします。
参加希望フォーム:https://forms.gle/xDQFNpA4NpGAnYr67

・資料:例会案内20210124.pdf
21:35
12345