早期英語教育研究部会

 
活動内容:
早期英語教育に関する内外の文献紹介やワーキンググループによる独自の調査・研究を行うことで、その成果を支部会員に還元し、また、主に小学校教諭を対象としたセミナー等の開催を通じて、意見交換、研修、並びに情報提供を行うことで社会に貢献することが、この部会の目的です。活動では、特定の言語理論や発達理論に固執することなく、また必要に応じて、母語教育も考慮に入れながら、早期英語教育に関わる様々な問題や早期英語教育の是非について自由に議論できる雰囲気を大切にしていきたいと考えています。

本研究会は、LET 会員の会員であればどなたでも参加できますので、小学校における英語活動を含めた早期英語教育の実践・理論に関心をお持ちの方は、奮ってご参加下さい。
 
早期英語教育研究部会
12345
2022/06/22

早期英語教育研究部会 2022 年度 第2回例会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster2
早期英語教育研究部会 2022 年度 第2回例会
 
日時: 2022年7月30日(土)13:00~17:00

会場:
②ZOOM
<Zoomミーティングに参加する>

ミーティングID: 885 0782 3202
パスコード: 289684

内容:早期英語教育に関する概論書の輪読および発表

1.文献輪読
Ethical and Methodological Issues in Researching Young Language Learners in School Contexts (Early Language Learning in School Contexts)
 Annamaria Pinter, Kuchah Kuchah (eds) (2021): Multilingual Matters Ltd

□ 8: I don't want to talk5. Social Justice and Questions of Marginalization in Research with Linguistically Diverse Children any more': Reflecting on Research into Young Children's Perspectives on their Multilingual Lives
担当:井狩幸男先生(大阪公立大学)

□ 9:  Navigating Cultural and Methodological Complexities in Research with Children in a Sub-Saharan African Context
担当: 杉本先生(大阪保育大学)

2. ミニ講義 「役立つ脳教室」
担当:井狩幸男先生 (大阪市立大学)

(お願い)
参加ご希望の方は、下記のGoogle Form にて参加登録をお願い致します。

<例会参加登録用Google Form>

21:06
2022/04/30

早期英語教育研究部会 2022 年度 第1回例会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster2
早期英語教育研究部会 2022 年度 第1回例会
 
日時: 2022年5月28日(土)13:00~17:30
会場:
②オンライン (ZOOM)
<Zoomミーティングに参加する>
ミーティングID: 885 0782 3202
パスコード: 289684

内容:早期英語教育に関する概論書の輪読および発表
1.文献輪読
Ethical and Methodological Issues in Researching Young Language Learners in School Contexts (Early Language Learning in School Contexts)
 Annamaria Pinter, Kuchah Kuchah (eds) (2021): Multilingual Matters Ltd

□ 5. Social Justice and Questions of Marginalization in Research with Linguistically Diverse Children
担当:眞﨑克彦先生(神戸親和女子大学)
□ 7. Artefactual Narratives of Multilingual Identity: Methodological and Ethical Considerations in Researching Children
担当:石田雅子先生(大阪公立大学大学院

2. ミニ講義 「役立つ脳教室」
担当:井狩幸男先生 (大阪市立大学)

(お願い)
会場の参加者数の把握のため、ご出席の場合は、下記のGoogle Form にて参加登録をお願い致します。

<例会参加登録用Google Form>
https://forms.gle/6uSyNhnmEC7sL57k9

05:47
2022/02/05

(情報更新)早期英語教育研究部会 特別講演会2022

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1
日頃は早期英語教育研究部会の活動にご協力をいただきありがとうございます。
本日は特別講演会のご案内を致します。ご興味のある方はぜひご登録、ご参加ください。

【特別講演会2022】
タイトル:身体感覚を軸としたヒトの社会性発達とその多様性
講演者: 明和政子先生(京都大学大学院教育学研究科 教授) 言語 : 日本語
日時 : 2022年3月24日(木) 10:30-12:00 無料(定員100名)
申込サイト:https://forms.gle/Sq2AHpUCFk9AyLJB7(2022年2月10日より受付開始)

ご講演内容:

ヒトを含む生物は,「身体」を持っています.身体には物理的制約があります.身体が環境に能動的にふるまう過程で,膨大な量の情報はその制約に基づきふるいにかけられます.情報は,身体をもつその個体にとって意味あるものが選択,構造化されていき,知性が創発・発達していきます.さらに,個の発達は,周囲の社会,文化の形成に影響を与え,それが次世代の個の形質を創発させる制約環境そのものとなります.こうした見方から,社会的な生物として進化してきたヒト特有の形質,社会的認知が創発・発達する軌跡,その普遍性と多様性,その背後にあるメカニズムについて議論します.今,私たちが生きる環境は未曾有のスケールで変化しています.「ヒトとは何か」という基本的理解を軸に,人類の未来環境をどのように設計していくべきかについて考えてみたいと思います.

講師紹介:
京都大学教育学部卒業.同大学院教育学研究科博士後期課程修了、博士(教育学).
京都大学霊長類研究所研究員などを経て、現在、京都大学大学院教育学研究科教授.日本学術会議連携会員.ヒトとヒト以外の霊長類の心のはたらきを胎児期から比較し、ヒト特有の心の発達とその進化的基盤を明らかにする「比較認知発達科学」という分野を世界にさきがけて開拓した.
著書に「ヒトの発達の謎を解くー胎児期から人類の未来まで(ちくま新書)」「まねが育むヒトの心(岩波ジュニア新書)」など多数.
2016年放送のNHKスペシャル2編『ママたちが非常事態!? 最新科学で迫るニッポンの子育て1・2』,2017年放送の『ニッポンの家族が非常事態!?~第1集わが子がキレる本当のワケ~』等の監修・出演により,現代社会が抱える子育てにかんする様々な問題を,最新の科学的知見により理解する活動にも力を注いでいる.

ご不明な点等ございましたら何なりとお問い合わせください。

早期英語教育研究部会事務局
斉藤 倫子

内容更新
2022講演会チラシ(220209) 1.pdf

11:28
2022/02/05

早期英語教育研究部会 2021 年度 第6回例会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1
日時: 2022年3月21日(月)~3月22日(火)
場所:
①淡路夢舞台国際会議場 http://www.yumebutai.org/
※検温、アルコール消毒、マスクの着用をお願い致します。
※コロナ感染拡大の状況により、オンライン開催のみとなる可能性があります。  

②ZOOM(参加のためのリンクは後日お送りいたします)

内容:早期英語教育に関する概論書の輪読および発表
1.文献輪読
Ethical and Methodological Issues in Researching Young Language Learners in School Contexts (Early Language Learning in School Contexts)
 Annamaria Pinter, Kuchah Kuchah (eds) (2021): Multilingual Matters Ltd
※前回より輪読本が新しくなっています。下記のリンクを参照下さい。

□5.  Social Justice and Questions of Marginalization in Research with Linguistically Diverse Children
担当:眞﨑克彦(親和女子大学)

□ 6. Reframing Expertise: Learning with and from Children as Co-investigators of their Plurilingual Practices and Experiences
担当: 竹田里香先生(立命館大学)

2. ミニ講義 「役立つ脳教室」
担当:井狩幸男先生 (大阪市立大学)

3. その他実践・研究発表など(未定)

(お願い)
会場の参加者数の把握のため、ご出席の場合は、下記のGoogle Form にて参加登録をお願い致します。

【第6回研究会(淡路島合宿)参加用フォーム】



11:27
2021/12/25

早期英語教育研究部会 2021 年度 第5回例会

Tweet ThisSend to Facebook | by webmaster1
日時: 2022年1月29日(土)13:00~17:30

場所オンライン(Zoom) 

参加ご希望の方は、事務局までお問い合わせ下さい。


内容:早期英語教育に関する概論書の輪読および発表

1.文献輪読
Ethical and Methodological Issues in Researching Young Language Learners in School Contexts (Early Language Learning in School Contexts)
 Annamaria Pinter, Kuchah Kuchah (eds) (2021): Multilingual Matters Ltd
※前回より輪読本が新しくなっています。下記のリンクを参照下さい。

□3. Constructing Joint Understandings of Research with Children
担当:未定

□ 4. "Are you coming back? It was fun": Turning Ethical and Methodological Challenges into Opportunities in Task-based Research with Children
担当: 松延亜紀先生(大阪教育大学)

2. ミニ講義 「役立つ脳教室」
担当:井狩幸男先生 (大阪市立大学)

(お願い)
会場の参加者数の把握のため、ご出席の場合は、下記のGoogle Form にて参加登録をお願い致します。

<例会出席連絡用Google Form>


12:59
12345