オンライン状況
オンラインユーザー9人
LET2012盛会となりました
ご参加頂きました皆様ありがとうございました。
LET2012大会実行委員
 
109187
 
基調講演
「学習」「指導」「評価」の各分野で先進的な研究を続けていらっしゃる3名の講師の先生方に基調講演をお願いしています。多数の皆さまの参加をお待ちしております。
 

基調講演1 Day 2 August 8 10:00 - 11:30  ◇ 「学習」の最前線

Segalowitz-photo by David Ward-2011-11-30Second language fluency: Challenges for researchers and educators

Norman Segalowitz 先生  
Department of Psychology, Concordia University
( *Photo by David Ward )

Achieving a high level of fluency in a second language is one of the most difficult tasks facing second language learners. Fluency attainment poses challenges for teachers, for designers of technology-assisted learning, as well as for researchers interested in second language acquisition. In this talk I discuss barriers to second language fluency, some of the ways one can study these barriers in the laboratory, and the implications such research might have for language instruction and for strategies to overcome barriers to fluency. The main focus of the presentation will be recent cognitive research
concerning ways of measuring the mental efficiency or cognitive fluency that develops with experience using a second language and that must underlie speaking fluency in the language. The presentation will also describe a framework that links cognitive and social factors as a way for thinking about second language fluency issues.

Prof. Segalowitz’s research focuses on the cognitive processes underlying adult acquisition of second language skills. Prof. Segalowitz’s research focuses on the cognitive processes underlying adult acquisition of second language skills. He examines the nature of automatic processing and of attention-based processing as factors underlying oral and reading fluency in a second language. He is especially interested in the barriers that many adults face in attempting to master second languages. Prof. Segalowitz has published extensively in many of the leading journals and handbooks in this field, including an award winning book entitled Cognitive Bases of Second Language Fluency (2010, Routledge). He is also interested in cognitive science approaches to understanding how second languages can be more effectively taught.
(From http://web.me.com/normansegalowitz/NS-Site/About.html)
 

基調講演2 Day 2 August 8 16:20 - 17:50 ◇ 「指導」の最前線

山森 光陽 先生個人差と教育条件の織りなす動的状況における学習指導の位置づけ

 山森 光陽 先生
 国立教育政策研究所 初等中等教育研究部



学習指導の効果は学習者の個人差との交互作用により発現するとともに,学習指導の在りようと学習者の個人差は学級規模などの教育条件によっても大きく左右される。この講演では,学級規模や少人数指導に関する研究の最新の知見を手がかりに,個人差と教育条件の織りなす動的状況における学習指導の位置づけを議論したい。

国立教育政策研究所主任研究官。
教育心理学,特に学級規模が児童生徒に与える影響についての研究に従事。
 

基調講演3 Day 3 August 9 15:00 - 16:30 ◇ 「評価」の最前線

データからテストと人を評価する:潜在ランク理論と非対称多次元尺度法

 荘島 宏二郎 先生

 大学入試センター 研究開発部
 東京工業大学 大学院 社会理工学研究科


テストは人を評価する道具であるが、テストデータの分析を通じて、まずテストそのものを知ることが重要である。テストが知れれば、そのテストを用いてどのように人が評価されるかも見えてくる。本発表では、潜在ランク理論といくつかの非対称多次元尺度法を通して、テストと人を評価する方法を事例を通して解説する。

心理統計学、特に、多変量解析が専門。博士(工学)。
 
 

LET2012アクセスマップ

アクセスマップ こちらからダウンロード可能です (PDF)
 

一覧プログラム(7/30版)

一覧プログラム こちらからダウンロード可能です。 (PDF)
 

LET2012プログラム冊子(8/3版) 

LET2012プログラム冊子(8/3版)  こちらからダウンロード可能です。(PDF)
 

大会フライヤー

LET2012大会フライヤー  こちらからダウンロード可能です。(PDF)